フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

リンク

2019年4月19日 (金)

和光富士見BP 遺跡発掘??

かつて2018年11月、記事にした和光富士見バイパスの北部=富士見市と志木市の市境付近の工事着工のお知らせについて、進展がありそうです。

↓この辺りです
Img_2
↑をgoogle my map上にトレースしたのが↓こちら

告知では「着工は3月上旬、完成は9月頃の予定」とされてましたが、3月になっても一向に工事は始まらず…。

そして4月に入り、なんとこんな看板↓を現場に掲示!
Img_20190501
え~!!
上記の「着工3月、9月頃完成」というのは、道路工事ではなく、遺跡発掘の事だった?
詳細不明ですが、いずれにせよ道路建設にブレーキがかかったのは確かなようです。
しかし公的な物に【令和】の元号が書かれたのを見るのは、初めてかも。



2019年4月14日 (日)

2019年和光富士見BPの土地収用

和光富士見バイパスに関しては、ここ最近全く動きが無く、土地収用も年に1件あるかないか位の膠着状態。
そんな中、2019年始め頃に立ち退きがあったようです。

場所はこの辺↓


志木市の南端=朝霞市との市境付近。元・一般家屋だった?木造の建物を工事業の事務所として使用していたようですが、解体→更地になりました。

更に最近、意外な所が土地収用されたみたいで、今後ウラを取ってまた記事に致したいと思います。
ちなみに未開通区間の収用率は、現在「92%」だそうです。

全体の収用状況はマイマップにまとめてあります↓


 

 

 

 

2019年4月 4日 (木)

放射第35号線の開通が絶望的状況に!③

4月5日追記しました。

先日の記事中に引用させていただきましたツイート

そのツイート主である辻誠心さんを、何と!!偶然お見掛けしましたので、突撃取材させて頂きました。
お忙しい中、ご協力・詳細なお話を聞かせて頂きありがとうございました。

お話の時の記憶に頼って書いている為、多少の記憶違いあるかと思いますので、間違いはご指摘頂ければ幸いです。

 

先日の記事で、開通にストップがかかっているのは、近くの小学校の通学路に関係してるかも。という推論で書かせて頂きましたが、ウラを取って来ました。これは辻さんによると事実だそうです。


放射35号線が、2019年3月下旬に開通予定という事は、事前の公式プレスリリース等が一切無く、当然北町西小学校の児童・保護者も知らない状態でした。
噂話、ネットの非公式な情報レベルで暫定開通を知り、通学路である放射35号の交差点等を改めてチェックすると、児童の安全対策に不安な箇所が多く、学校PTA側としては、開通の事前告知も無く、寝耳に水だったようで、急遽対策委員会的な物を結成、開通の保留を申し入れ、ストップがかかったようです。

安全対策の不安要因はいくつかあるようですが、まず学校直近の「北町西小学校北」交差点形状や信号機にあるとの事。



白線が横断歩道帯。放射35号を横切る横断歩道帯には歩行者専用信号機が設置済ですが、交差する現道を縦にまたがる横断歩道帯には歩行者用信号の設置はありません。従って歩行者は、現道の車両の様子を見極め横断する事になります。

新年度、入学したての1年生も多くここを通るでしょう。そういった事を含め大丈夫なのか?という感じでしょうか。
現状、この現道の通行台数は非常に少ないのですが、放射35号が開通し流入台数がどれ位増加するのか…


信号機の設置にあたっては、東京都ではなく警察の管轄となり、第四建設事務所としては何も出来ず…。そして設置要件として、この現道の車両通過台数の下限があり、ここは要件を満たさないとの事。つまり、規則自体を変えなければ設置は出来ず、事実上不可能。

これは、閑散とした道に歩行者用信号を設置しても信号無視が多く、設置しない方が事故が少ないという統計からのようです。

他にも要望点は色々あるようですが、とりあえず速報という形で今回の記事はここまでにさせて頂きます。
また、詳細判明致しましたら、今後記事にしたいと思います。

2019年4月5日追記
これだけ読むと、小学校PTA側だけがネガティブな印象を受けてしまうので、追記しますと…

歩行者専用信号の設置は、警察の規約上でも不可能かと思いますが、
落としどころとしては、事前の開通告知さえしてれば、昨年度中にPTAの当番制で朝の旗振り等の体制作り・帰宅時の交通誘導員の配置計画→新学期から稼働で対応可能だったかと思いますが、告知もなく学年末の春休み突入後に、突然の開通ではそれも出来ず…

東京都も学校も、誰かが何かをしてくれているだろう。と外部、内部同士でお互いお見合い。結果、フタを開けたら誰も何もやっていなかった、典型的なコミュニケーション不足の失敗例のような気がします。

かなりギリギリの工期だったのは知っていて、確実な記者発表がしにくい状況だったのもお察ししますが、これだけの多額な税金投入の公共工事=ビッグプロジェクトが、何の進捗報告も無かったのは、東京都側のヒューマンエラーもあったかと…

 

コメントは掲示板へお願いします。











2019年4月 3日 (水)

放射第35号線の開通が絶望的状況に!②

かつてこれと同じ表題で記事にした2014年。
その頃は立ち退きがうまくいっていない事が発端でしたが、今回またしても開通にストップがかかりました。

 
2019年度末(2019年3月)開通が無くなったと3月28日の記事を書いた頃、実は何やら不穏な動きは感じてました。

記事のように、未完工部は確かにあるものの、それは開通に大きく影響する程でもなく、特に新「北町西小学校北交差点」周辺が、未舗装、設備の未完工、また新白線の引き方も明らかに開通に向けた引き方では無く、何かおかしい…。

そして、先日の記事のように、いたる所にすぐには撤去出来ない金属製の重く厳重なバリケードが多く置かれたり、マスキングされた誘導看板に点検が入ったり。

既に使われていた規制看板(黄色丸)は↓
13 
ブルーシートで厳重に再梱包↓、うーん…。おかしい。
12 
年度末開通目標なのに3/30(土)には、現場には作業員の方が0人。誰も何もしていませんでした。

そんな中掲示板に「交通開放中止」の情報を頂きました。皆様いつも情報ありがとうございます<(_ _)>

情報のウラを取るべく、各関係者様方に伺ったところ、
確かに「安全対策等の問題で交通開放は中止。現在、開放日の見込みは全く立っていない。」と開通は白紙撤回されたそうです。

現場では3/27(水)の交通開放に向け動いていたそうで、web上にあった27日開通のリークツイートも確かに本物だったようです。
理由について、こちらはウラを取れてないので、あくまで推測になりますが、
練馬区立北町西小学校のHP

>放射35号線 交通開放延期について第四建設事務所から、
>3月末の交通開放を延期する。開放の時期は、未定である
>との連絡が学校にありました。2019-03-28

とあったり、政治家の方のtwitter等から、小学校に関連した事のようです。

新たに歩道橋を…、とかでしょうか?
3/27(水)の交通開放に向けた頃は、このような話は聞いた事がなかったので、正直、晴天の霹靂という感じで、開通に突然横やりが入った?のかも…。こちらもウラは取ってませんので、あくまで推測です。

何か御存じの方、コメント等は掲示板にお願いします。













2019年3月28日 (木)

放射第35号線/2019年3月ついに開通へ!!(仮)その後①

開通間近?という事で、最近SNS、掲示板、ブログ等でざわつき始めた放射第35号線。
こちとら7~8年前から追っとんじゃ!と古参風を吹かすわけでも無く、昨日今日始めたポッと出の新参の方々と共に、より多くの情報を発信出来ればと思います。

先月『放射第35号線/2019年3月ついに開通へ!!(仮)』という記事を書いていた2月中旬頃は、確かに記事通り2018年度末(2019年3月)開通目標に動いていたようですが…

最近、関係者様方々に伺ったところ、現在その目標は変わっていないが、各所と調整中・未定の為、開通日等の公式アナウンスを出来る状況にない、とのこと。

この記事を書いてる時点で、誘導用パイプ類の取付、全4車線幅を2車線に規制するバリケード類の設置が未完了で、また放射35号に接続する現道との接続部の縁石コンクリートやアスファルト舗装も一部終わっておらず、その為、一時停止線、横断帯の白線引きもチョークの下書き段階で止まってしまっている箇所も多くあります。

現場でも、働き方改革の影響か日曜は休工。
また報道されてます建設作業員不足の余波がここでも来てるのか、大量の作業員を投入して
何が何でも年度末開通へ!という雰囲気でもなく、割と落ち着いた少人数での作業が主体となっているようです。

最近の様子をレポ

川越街道付近に掲示された4月の工程表
3
交差点の主な工事は、予定通り年度末に終了しているようで、4月からは放射35号開通とはあまり関係ない作業に移行するようです。優秀でした。お疲れ様です!


川越街道(R254)と新大宮バイパスとの交差点付近の誘導看板の右側には、放射35号=都道の表示がテープで隠されています。
Imgdisp1

最近、何やらバケット車に乗った作業員の方がテープに手を…
4
テープをはがし開通?と思いましたが、単なる点検作業だけのようでした。


平和台駅前付近。薬クリエイト~都営住宅の間を走る田柄通りの、大幅な形状変更も3月21日からの予定が1週間経過してもまだ行われず…
5 
↑看板の現地画像↓。形にはなっていますが、まだ水色の大きくクランクした線は通行禁止のまま。
7

今後設置されるであろう誘導ポール類も、まだこれからのようです。
2

1

そして、川越街道(R254)から放射35号へ向かう右折レーン
6
何と!このカラーコーンが、↓コンクリート製の重量級のバリケードに置き換えられ、すぐには撤去しない?事の現れでしょうか。
8

そして、新横断歩道を遮るようにコンクリート製のバリケードが置かれ
9
10
すぐには開通しないぞオーラが漂う3月最終週。

結果、2019年度末(2019年3月)開通は無くなったと予想します。
4月の春の交通安全運動が終了した後、もしくは都内交通量が激減する5月の連休の落ち着いた中で開通する説が濃厚ではないかと…(勝手に当ブログ予想)

コメントは掲示板へお願い致します。



2019年3月22日 (金)

開通近い?放射35号/川越街道との交差点周辺の様子

いよいよ開通も目前に迫って来たと言ってもいい放射第35号線=新大宮バイパスの延伸路ですが、川越街道(R254)との交差点周辺では工事が急ピッチで行なわれ、いつ開通しても良い位の準備が出来ています。
今回はその様子を記事にしました。
場所は↓ここ


↑地図の①~④の赤アイコンの所の画像が↓になります。

①川越街道上り車線。放射35号へ右折進入出来るよう、右折専用レーンが出来上がってます。
Img_2019038
↓開通までは矢印はマスキング
Img_20190323_ex


②新大宮バイパス上り。直進で放射35号に進入するための直進専用レーンが増設されました。こちらも、開通までは矢印をマスキング。
Img_201903


③川越街道下り車線。放射35号に左折で進入の誘導の左矢印は、開通までマスキング。
Imgdisp5


④放射35号→新大宮バイパスに接続する所。以前はこんな感じ。

Imgdisp2
↓そして現在工事は、ほぼ完了済み
Img_20190314


現場に掲示された工程表。
Img_20190303

予定通りというか、むしろ先行してるのでは?という位かなり順調です。

工程表から、開通日のXデーを予測。
3月27日に開通式典が…、というツイートも一部出回っているようですが、この日、急に1日だけ飛んで施工予定の「区間線工 昼間作業」は、交差点中心部に右折誘導矢印をライン引きし、後開通という流れ?
関係者様方々に色々伺ってますが、現状工事がまだ完全に終わってない事、また完工予想日が確実では無い事から、ぼんやりとしたスケジュールはあっても、開通日はまだ完全に決定してないようです。来週3月第5週に入り、工事の最終局面を見極め、何らかの決定発表等あるかもしれません。


コメントは掲示板へお願いします。

2019年3月21日 (木)

定点観測・放射35号線/川越街道南側の様子2019/3

以前の記事に追記する形で新たな記事と致しました。
数年前から行なっていた川越街道南側の定点観測。そろそろ最終章が近づいて来たようです。

場所はこの辺↓


都心方向から大宮方向に向け撮影しております

↓2019年3月下旬 ライン引きが行われました。片側1車線ずつの暫定開通のようです。
Img_20190321

↓2019年3月 最終仕上げアスファルト舗装済み
Img_2019031

↓2019年2月
3520192-56

↓2017年10月
0002

2017年6月頃↓
Pap_00531
ちなみに以前の様子。
Pap_0038

F1000042



コメントは掲示板へどうぞ

2019年2月23日 (土)

放射第35号線/環八との交差方法偏移

先日の記事でも書きましたが、平面暫定開通という事で、放射35号の平和台駅前交差点での通行方法が、今後工事の進捗により大きく変更されます。今回はその予定推移を記事にしてみました。


埼玉へ向かう下り車線(ピンク線)に大きな変更はありませんが、都心方向への上り車線に大きな変更があり、↓地図の線、水色の順で変わります。


①期・水色
放射35号が北町I.C.~平和台駅前が開通直後は、平和台駅交差点から都心方向に、上りの新道路(味の民芸の前辺り)が出来ていないため接続出来ず、現道の田柄通り・正久保通りを流用する形になります。

 

②期・
環八アンダーパスの開通時に合わせ、味の民芸の前の地上側道も完成し、青線のようになります。ただし、練馬消防署平和台出張所やファミリーマート平和台店がある辺りから都心方向へ接続する「放射36号線」がこの時点では未完成のため、現道の正久保通りに接続させる形となります。恐らく2、3年後ではないかと思われます。

 

③期・
練馬消防署平和台出張所やファミリーマート平和台店がある辺りから環七・武蔵野病院前交差点前までの「放射36号線」が開通後の形。これに関しては「放射36号線」の土地収用次第なので、5年後なのか10年後なのか、不明です。


川越街道(R254)との交差点(北町IC)の立体化や、全2→4車線化は早ければ②期に合わせるか、遅くとも③期に行われると思います。まだまだ、だいぶ先のようです。

コメントは掲示板にお寄せ下さい。

2019年2月17日 (日)

放射第35号線/2019年3月ついに開通へ!!(仮)

3月28日追記 3月末までの開通は無くなったようです。

ついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
 ←(フォントデカ目ってちょっとバカっぽい…)
このブログを始めた2011年から8年目。見守り続けた[放射第35号線]の川越街道(R254)との交差点(北町I.C.)から、環八・平和台駅前までが、2018年度末の2019年3月ついに開通です!


かなり、東スポの飛ばし記事的な匂いがしますが、複数の関係者様に情報の「ウラ」を取り、ほぼ間違いありません。関係者の皆様、ご協力ありがとうございました。

 

タイトルに(仮)が付いているのは、2019年3月開通目標という事で、現在工事もラストスパートに入ってますが、工期が若干伸びる可能性も?という事で一応念のためです。8~9割は既に終えてますが、この記事を書いてる時点で残り1か月半。さて、どうなる?

 

現在web上に公式発表はされていませんが、来月3月頃に見通しが立ち次第、記者発表等あるかもしれません。当ブログ予想では3月31日の日曜あたりに開通?工期が伸びればGW前後も?

 

片側1車線ずつの全2車線で暫定開通。川越街道(R254)と環八との交差は、立体ではなく暫定平面交差となります。都心方向=上り車線の環八・平和台駅前での交差は変則的で、後に説明致します。


さて、今までは小出しに、掲示板で情報交換させて頂いてましたが、今回は情報てんこ盛りという事で、久々にブログ記事にしてみました。記事書いたのいつぶり?位の感じですが…(笑)2019年2月現在の様子をレポート!



以下↑地図の数字の赤いアイコン場所の説明です。
アイコンをクリックすれば、その場所の画像がポップアップで表示されるようにもなってます。

平和台駅前交差点では↓のように暫定開通。

現在、水色の上り車線は、環八から都心側に接続する道路が出来ていない為、現道の田柄通りを流用する形となります。この交差点については、他にも情報があるので別記事に致します。


成増興業さん前。この区間は最後まで残った未舗装部分でしたが、ついに舗装され、これで全区間舗装路に。横切っていた現道は跡形も無くなってます
3520192_88


森屋興業さん前。新たに信号が設置され現道との交差点改良工事中
3520192_79



3520192_67


斉藤自動車さん前。ついに青の案内看板登場!
3520192_12paint



3520192_65


元・田柄川緑道。信号が設置されました。
3520192_61


この画像の先が川越街道(R254)との交差点=北町I.C. ここにも青の案内看板が新設されました。
3520192_56


R254(川越街道)北町インターの南側歩道が、新規に開通の放射35号線で分断される為、新たに歩行者用信号機が設置済です。使用まで袋が被せられてます。
Imgdisp


番外編 【川越街道の看板付替え】
新道路開通に向け、交差する川越街道(R254)に設置された案内看板も変更されてます。

の場所の看板
3520192_48

左から一枚ずつよく見てみると、マスキングの下には…
3520192_52
「大型車はこの先左折できません」
つまり、北町IC~平和台=大型車通行禁止?

3520192_49_2
左折方向=氷川台 Hikawadai/平和台 Heiwadai/都道311号


の場所の看板
右折方向=新道路の案内にマスキングされてます。
夜間の方が、マスキングが分かり易い為、この画像だけ夜画像。
Imgdisp_2

以上、2019年2月中旬の様子でした。
開通まで、怒濤の記事更新祭りとなりそうです。
コメントは掲示板の方へお願いします。
http://housha35.ebo.jp/

2019年2月16日 (土)

練馬区の補助第230号線の収用状況調べてみました

国道ではないので番外編ですが…

 

数年前から土地収用開始の補助第230号線の、外環道~ヤマダ電機大泉学園店付近の土地収用状況は、現在公式発表がどこにも見当たりませんので、独自に調査してみました。東京都のHPによると、土支田通り~外環道が88%、外環道~ヤマダ電機大泉学園付近が48%(2018年度)だそうです。

 

収用率の進捗が分かれば、おおよその開通の時期の重要なヒントとなります。
主要国道等は役所の公式HPで公表してる例が多いのですが、ここのような地方道では、議会で質問されたものが議事録で見られる程度かと思います。なので、個人的な好奇心で調査してみました。

 

google地図の航空写真、ストリートビュー、区の都市計画図、また自ら現地調査をした結果を合わせまとめてみましたが、完全な物ではありませんのでご了承下さい。

 

 

ざっとですが、建物、畑、駐車場、庭等、未収用箇所は2桁台後半程度?
複数の箇所を1人の地主さんが所有してるケースもあれば、1つの土地を複数人で所有(分筆)してるケースもあるので、詳細な残件数は分かりませんが、現在、面積比でおおよそ50%前後の収用率ではないかと予想します(当ブログ独自調べ)
外環に近い側は収用率が高い傾向があり、特に北大泉野球場付近では特に高く約70%前後?
それに反して埼玉側に行くにつれて、収容率が低い=残件数が多い傾向があるように思います。

 

当ブログのメインコンテンツでもある「放射第36号線」でも、何故か都心側に行くつれ、収容率が上がる傾向があり、「都心側は土地収用率高くなる説」をどなたかに立証して頂きたいものです。

修正点、お気付きの事があれば、掲示板に御投稿頂ければ幸いです。

«和光富士見バイパス/皆様の情報まとめ