フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

リンク

« 和光富士見バイパス/皆様の情報まとめ | トップページ | 放射第35号線/2019年3月ついに開通へ!!(仮) »

2019年2月16日 (土)

練馬区の補助第230号線の収用状況調べてみました

国道ではないので番外編ですが…

 

数年前から土地収用開始の補助第230号線の、外環道~ヤマダ電機大泉学園店付近の土地収用状況は、現在公式発表がどこにも見当たりませんので、独自に調査してみました。東京都のHPによると、土支田通り~外環道が88%、外環道~ヤマダ電機大泉学園付近が48%(2018年度)だそうです。

 

収用率の進捗が分かれば、おおよその開通の時期の重要なヒントとなります。
主要国道等は役所の公式HPで公表してる例が多いのですが、ここのような地方道では、議会で質問されたものが議事録で見られる程度かと思います。なので、個人的な好奇心で調査してみました。

 

google地図の航空写真、ストリートビュー、区の都市計画図、また自ら現地調査をした結果を合わせまとめてみましたが、完全な物ではありませんのでご了承下さい。

 

 

ざっとですが、建物、畑、駐車場、庭等、未収用箇所は2桁台後半程度?
複数の箇所を1人の地主さんが所有してるケースもあれば、1つの土地を複数人で所有(分筆)してるケースもあるので、詳細な残件数は分かりませんが、現在、面積比でおおよそ50%前後の収用率ではないかと予想します(当ブログ独自調べ)
外環に近い側は収用率が高い傾向があり、特に北大泉野球場付近では特に高く約70%前後?
それに反して埼玉側に行くにつれて、収容率が低い=残件数が多い傾向があるように思います。

 

当ブログのメインコンテンツでもある「放射第36号線」でも、何故か都心側に行くつれ、収容率が上がる傾向があり、「都心側は土地収用率高くなる説」をどなたかに立証して頂きたいものです。

修正点、お気付きの事があれば、掲示板に御投稿頂ければ幸いです。

« 和光富士見バイパス/皆様の情報まとめ | トップページ | 放射第35号線/2019年3月ついに開通へ!!(仮) »

補助第230号線」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 練馬区の補助第230号線の収用状況調べてみました:

« 和光富士見バイパス/皆様の情報まとめ | トップページ | 放射第35号線/2019年3月ついに開通へ!!(仮) »