フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー「和光富士見バイパス(国道254号線)」の58件の記事

2023年3月18日 (土)

12年ぶりにあの場所へ…/和光富士見B.P.

物凄く久しぶりにあの場所を見て来ました(遠い目…)
そう、このブログ開始の2011年2月に訪れ、なんと12年振り!のあそこです。

自分が知りたかった事を、共有するために始めたと言ってもいい、このブログの原点的な、和光富士見B.P.予定ルートとJR武蔵野線が交差するあの場所。

具体案もなく、以後何も起きないだろうという予想の元全く訪れてませんでした。結果から言うとやはり変化無しでした。しかし、何も変化が無い事をお伝えするのも、当ブログの役目という事で報告。

鉄道の上をバイバスが通るという計画が、最近の情報によると、鉄道の下を通す形に変わったそうです。何故?


場所はこの辺↓

以前、調査後記でも書きましたが、ここは元々新河岸川支流だったようで川底。
訪問した冬=乾季でまあまあの干上がりでも、場所によっては膝位まで余裕で埋まり、自力では抜け出せない底なしの所もあります。

こんなドロドロの川底=沼地に道路?
果たして大丈夫なのでしょうか?


12年前にあった、測量の棒やリボンの残骸も一部残ってましたが、新規に設置されたっぽい物も多くあり、最近も調査は行われているようです。
1-20
1-23

↓道路予定地西側(新河岸川側)。ここも凄いドロドロの沼地ですが、道路ルートにマーカーが設置されてました。
1-19

その他、柱に謎の暗号表記や、測量のコンクリート標の打ち込み
1-9
1-10
1-11
 
JRの高架下に以前あったビニールロープ類の印は無くなってました。

柱の間の幅は、広い所でも目測で約5m位。
2車線は通せず、柱ごとに1車線ずつ区切るか、柱を撤去・高架の補強工事かの2択?



そしてネット上でも目撃情報の多い、JR武蔵野線沿い線路南側の藪伐採地点?
綺麗に整地済ですが、ここはギリギリ道路予定地では無いです。伐採目的は?
場所↓ 航空写真でも伐採が分かりますね。

↓画像左の竹藪の中が道路ルート
1-24     

伐採地の西端には新規に設置されたっぽい棒とリボン。
1-22
画像では分かりにくいですが、予定ルートはドロドロの沼
1-21

最近、更に伐採・整地が進み、バイパス工事が始まったのでは?という話がネット上にチラホラ出てますが、ここはバイパス東側の予定地外で、無関係と思われます。

最近の画像↓
2-13
駐車場?建物を建てる?
道路予定地は画像左側の藪の中です。



そして、JR武蔵野の北側=朝霞市。場所は↓この辺。

2011年の記事でも書きましたが、うっそうとした雑木林、周囲に民家も人気も全くなく、ヤ○ザがコンクリート詰めの遺体を埋めるならこんな所?のような、寂しく怖い場所でした。

がしかし、時が過ぎ道路工事の伐採や、造成等で人手が入り、車も停まっていたり、近所の犬の散歩の方々も見かけるような所になり、近くに新たな施設も出来るようでだいぶ変わりました。

↑地図の3地点の画像

ここは、もの凄い竹藪で見通しも人気無く怖い所でしたが、半分程伐採され怖さは無くなりました。まだ一部未収用?
1-17
↓【画像追記】最近、盛り土の置き場になってました
2-8

ここも綺麗に伐採され盛り土がされています。
1-18

もう何十年もある?古い焼却炉。何故こんな場所に。
2-1
この近くに、物置小屋のような廃屋と、放置の廃車置き場があったのですが、それらは撤去されてました。

ようやく人の手が入り始めた事を感じる看板(昨年2022年の撮影です)
1-4

ここに道路が開通するのは、かなり先だと思いますが、以上報告でした。








2023年3月12日 (日)

和光富士見バイパス 2023/3月の様子

和光富士見BPの記事は、丁度2年前の2021年3月から2年ぶりとなります。

これだけ更新が無かったのは、前回少し記述しましたが、他の方のブログやSNS等でもリアルタイムで情報発信済で、今さら当ブログで取り上げるまでも無く…。という感じでした。

そして、地図サイトの航空写真やgoogleストリートビュー等更新頻度が高くなり、そちらでも最新情報が得られ易くなったのも要因かと…
特にストリートビューは、今回記事にした場所については既に先月2023年2月の画像が多くあり(早い!!)、当ブログで取り上げる程でもないのですが、一応更新。


今回の取材区間はこちら↓


この区間の開通予定、公式には発表されてません。
2022年末の県議会答弁では「2023年春開通目標」とありました。
が、県議員さんの2月のブログ、3月のつぶやきに「今年の夏」という文字がありますので、2023年/春→夏開通予定に変わったようです。


さて、↑地図の緑色番号地点の画像

①元くらづくり前 県道40号・さいたま東村山線(いろは通り)との交差点
 202303-1

色々画像上の文字情報がカオス渋滞しておりますが、やまや(元・セイムス)⇔トヨタカローラ間にかかる歩道橋の工事中。橋の基礎工事が開始されたようです。
だいぶ前からバイパス下り車線に、巨大な歩道橋梁が置かれたままになっており、新信号機も設置されつつあります。

3/18追記
横断歩道の橋梁設置が始まりました↓
2-4
完成図↓(現地看板より)
2-6



202303-2
202303-3

同時に、交差する県道40号線(いろは通り)を2→3車線に拡幅する工事も進行中。
薬局セイムスの前=赤の線までが道路になります↓画像
2-14
ただ、ここが遅れている印象で電柱移設は完了してるものの、地中の菅類の工事等かなり時間がかかりそうです。


②そして市道2117号線との交差点
こちらは既に歩道橋工事がかなり進んでおり橋梁が設置済、名称は【中宗岡1号歩道橋】
202303-4

交差点内から南側(和光側)はこんな感じ↓ 進捗はまだまだです。
202303-6

交差点内から北側(川越側)はこんな感じ↓ こちらも未舗装部がほとんど
202303-5
横切る市道2117号線は車両通行止め、歩行者・自転車のみ可となりました。

③県道保谷志木線(宿通り)との交差点
1/30~3/6で宿通りを片側交互通行規制にし、工事していたのですが、信号機設置等も無く、そこまで進んでいない印象

交差点内から南側(和光側)はこんな感じ↓
202303-10

交差点内から北側(川越側)はこんな感じ↓
202303-9
ほぼ最新ストリートビュー画像と一緒

④そして志木市総合福祉センター横
ここは交差点では無く、横断歩道のみですが、一番進捗が早いのがここ。
車道、歩道は既に完成形で、仕上げ舗装→ライン引きで即開通可能な勢いです。
唯一、公に進入が許された場所で、ストリートビューも未撮影の場所。

202303-11

南側(和光側)はこんな感じ↓
202303-12

北側(川越側)はこんな感じ↓
202303-13

⑤そして袋橋通りとの交差点
ここは一番最初に信号機が設置されたような記憶で、かなり前から工事してました。
202303-14

交差点内から南側(和光側)はこんな感じ↓
202303-15
かなり完成してます

交差点内から北側(川越側)はこんな感じ↓
202303-16
まだまだ地面=土で、南側(和光側)に比べ進捗が遅れている印象。
つい最近まで、国道463号の新陸橋付近まで残土を積み上げたままの状態だったため、最近工事開始されたようで、全体で一番遅れている?
ここの進捗が開通時期に影響すると思われます。

 

【次回予告】
和光富士見バイパスでは、皆のアクセス数が最も多いあの場所についての記事です。(近日公開)












 

 

2021年3月12日 (金)

和光富士見B.P.進捗状況2021/3

1年も記事更新無く、放置状態のブログでしたが、更新が3本連続します。


↑地図、黄緑①の地点
2019年末頃、浦和所沢B.P.(国道463号)と交差する「下南畑交差点」に陸橋がかかりました。
これはネット上でも色々な方々の報告がありますので省略。

↑地図、黄緑②の地点。陸橋の東京側の様子
Img_202006
↑橋梁が掛かった直後↑ ↓現在は地上までつながりました↓
Img_202012_20210312110201

そして地図、黄色線=下南畑交差点~宗岡団地
Img_202012
↑まだ造成中の初期段階。
どこも似たような画像なので、撮影箇所説明は省略。
現在、着工中なのはここだけ。


逆に、赤線=宗岡団地~県道さいたま東村山線(40号線・くらづくり本舗前)はまだ何か所か未収用地も残っているから?全く手が付けられておりません。

地図の黄色線の両方を同時開通せず、まず黄色の下南畑交差点~宗岡団地だけ先行開通した後、県道さいたま東村山線(くらづくり本舗前)まで延伸させるのかもしれません。

コメントで情報頂きました、埼玉県のH.P.内のP.D.Fファイルに、ドローンで上空撮影したこの辺の画像等詳しい情報が出ておりますので、良ければご覧ください。





2021年3月 7日 (日)

和光富士見B.P.の立ち退き2021

先日、記事にした和光富士見B.P.の志木街道沿いの立ち退きに、変化がありましたので記事に致しました。

くらづくり本舗志木宗岡店に「3/23で道路工事に伴い閉店」の掲示が出されてました。
Img_202103_20210311181901   
「道路工事に伴い」の文面である事から、テナント撤退だけではなく、上階のアパートも含め建物解体と思われます。
場所は↓



そして先日書いた、くらづくり本舗の東隣の閉店した華屋与兵衛。
2_20210303111301
↓建物周辺がシートで囲われ、解体?の準備でしょうか。
Img_202103_20210310093602

これまでの進捗はgoogleのマイマップにまとめてあります。











 

2021年3月 2日 (火)

和光富士見BP 2020年の立ち退き

ほほ1年ぶりの更新の過疎ブログですが、ご無沙汰しております。
1年以上更新が無いと、niftyの仕様で凍結されてしまうようなので、記事を起こしてみました。

相変わらず土地収用もほぼ進んでない和光富士見バイパス。
そんな中、2020年末までに志木街道沿いで何か所か立ち退きがあったようです。

↑地図の赤アイコン
エネオスのガソリンスタンドがありましたが、閉店→現在更地になっております↓
3_20210303111101  

そして緑のアイコン
車店の置き場でしたが、車は全て撤去済に↓
1_20210303111301

そしてオレンジ色のアイコン
華屋与兵衛が2020年末閉店となり、看板等が撤去↓
2_20210303111301
だだし年末、他の華屋与兵衛でも閉店ラッシュがあり、同敷地のミニストップが営業中のため、立ち退きとは無関係かもしれません。
これまでの状況はgoogleのマイマップにまとめてあります。

次回、浦和所沢バイパス南側で始まった工事について少し報告します。









 

2019年4月19日 (金)

和光富士見BP 遺跡発掘??

かつて2018年11月、記事にした和光富士見バイパスの北部=富士見市と志木市の市境付近の工事着工のお知らせについて、進展がありそうです。

↓この辺りです
Img_2
↑をgoogle my map上にトレースしたのが↓こちら

告知では「着工は3月上旬、完成は9月頃の予定」とされてましたが、3月になっても一向に工事は始まらず…。

そして4月に入り、なんとこんな看板↓を現場に掲示!
Img_20190501
え~!!
上記の「着工3月、9月頃完成」というのは、道路工事ではなく、遺跡発掘の事だった?
詳細不明ですが、いずれにせよ道路建設にブレーキがかかったのは確かなようです。
しかし公的な物に【令和】の元号が書かれたのを見るのは、初めてかも。



2019年4月14日 (日)

2019年和光富士見BPの土地収用

和光富士見バイパスに関しては、ここ最近全く動きが無く、土地収用も年に1件あるかないか位の膠着状態。
そんな中、2019年始め頃に立ち退きがあったようです。

場所はこの辺↓


志木市の南端=朝霞市との市境付近。元・一般家屋だった?木造の建物を工事業の事務所として使用していたようですが、解体→更地になりました。

更に最近、意外な所が土地収用されたみたいで、今後ウラを取ってまた記事に致したいと思います。
ちなみに未開通区間の収用率は、現在「92%」だそうです。

全体の収用状況はマイマップにまとめてあります↓


 

 

 

 

2019年2月12日 (火)

和光富士見バイパス/皆様の情報まとめ

ご無沙汰しております。
放射第35号線の最新情報は、ほぼ掲示板に移行。

和光富士見バイパスに関しては、新規の土地収用も最後はいつだっけ?位の遠い昔…。
ネタもなくブログ更新が滞っておりすみません。

今回も特に新ネタは無いのですが、コメント欄よりいくつか和光富士見BPの情報を頂いてましたので、そのまとめです。情報ありがとうございます。


2018年11月2日の記事でも紹介した、志木市北端の道路予定地。
こちら↓(埼玉県議員 鈴木氏のブログ内画像にリンク貼らせて頂いてます)
Img_2
ブログでは、2019年1月着工とされてましたが、地元説明会で2019年3月着工と説明があったようです。詳しくはPDFファイルをご確認下さい。


そして、こちらもコメントより情報頂きましたが、浦和所沢バイパスとの立体交差に9億円の予算が決定した事が、県議会議員かねこ勝氏のブログに書かれておりました。

こちらは、入札情報、議事録等でもウラを取っておりますので、間違いありません。

若干手抜き感のある記事でしたが、この辺で失礼致します
m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

2018年11月 2日 (金)

和光富士見BP志木市内ついに着工?

長期間ぼぼ大きな動きの無い和光富士見バイパスでしたが、新しい動き?かも。
コメント欄から情報頂きました。ありがとうございますm(_ _)m

情報元は、埼玉県議員 鈴木氏のブログです。

着工区間はこちら↓ブログ内画像にリンク貼らせて頂いてます。
Img_2
↑をgoogle my map上にトレースしたのが↓こちら


ブログによると2019年1月頃に工事開始のようです。

かなり前=2015年の秋頃、同ブログで浦和所沢BP(国道463号線)から宗岡団地横の志木市宿通り(県道36号保谷志木線)まで着工の情報も発信されてましたが、約3年間何も起きず…。

今回も何も起きない事は無いように願いたいものですが、今後変化がありましたらまた報告致します。

しかし、着工部の中間には、図にも明記されている通り、三角の未買収地が…。他ではなく何故この地から着工開始なのか不明ですが、今後の推移を注視ですね。

2018年4月29日 (日)

和光冨士見BP武蔵野線北側の収用?

ご無沙汰しております( 一一)
最後に更新したのはいつ??的な放置ブログになっておりますが、すみません。
放置中にも関わらずいつの間に20万アクセスを頂き、誠にありがとうございます(^-^;

さて、浦和所沢バイパスとの立体交差部の工事が地味に進行してる以外は、ほとんど動きのない和光冨士見バイパスの未開通区間ですが、何やら若干の動きが…

最も土地収用が進んでいないともいえる、朝霞市のJR武蔵野線北側周辺。
少し進展があったような無いような…
当ブログでは珍しく、情報のウラが取れておらず、いささか見切り発車的な記事になりますがご勘弁を。

場所はこの辺↓


↓最近の様子
Img_2

↓ストリートビュー2014年?後ろの送電線の鉄塔の位置を参考にして下さい。

かなり高い残土置き場?に変わりましたが、これが土地収用に伴うものかは不明。。。

そしてこの西隣の駐車場(↑の航空写真参照)も、だいぶ前に駐車は無くなり、フェンスに囲われ土地の整備が行われております。

↓最近の様子
Img_1

今後、変化がありましたらまた報告致します。
もし何か変化に気付いた方は、コメント頂ければ幸いです。













より以前の記事一覧